バイナリーオプションを海外での危険(リスク)について

smartphone-1281632_1280-1024x682

バイナリーオプションを海外で利用する危険(リスク)は、
日本と海外の両方の法律の保護の対象にはならないということです。

海外業者を利用する危険(リスク)とは

例えば、海外のバイナリーオプション業者で、その業者は
日本で許可を受けていなかったとします。

万が一、日本の投資家とその業者の間で何かトラブルがあった場合
日本の法律は通用しないので、問題解決が難しい場合があるんですね。

日本の投資家とトラブルになるような悪徳業者は、
住所や電話等が不明の場合も多く、実態の把握が
難しいとされています。

ですので、日本政府から海外のバイナリーオプション業者
への追及は困難です。

その上、海外の法律でも、日本の投資家は外国人に相当するため、
海外のそれぞれの国の法律の保護の対象とはならないです。

そのため、海外のバイナリーオプション業者を利用する場合は
自己責任ということになります。

危険(リスク)を未然に防ぐには

ですが、リスクの大部分は未然に防ぐことができます

一番重要なのは、悪徳業者を選ばないということです。

海外でも、まっとうな営業をされている優良企業は存在します。
実際、日本人の投資家が多数利用している海外の
バイナリーオプション業者が存在します。

そういった業者では、トラブルは起こる可能性は低いと考えられます。

そのため、リスクを未然に防ぐためには
業者選びがとても大切になってきます。

一番おすすめなのは、実際に知り合いが安全に利用している
海外のバイナリーオプション業者を選ぶことです。

でも、バイナリーオプション業者を利用している
知り合いがいない場合はどうすればいいでしょうか?

海外の悪徳なバイナリーオプション業者とのトラブルで多いのは、
・出金できない
・解約できない

などがあるのですが、業者を利用する前に、
あらかじめサポートディスクに、出金の仕方や解約の仕方など
詳しく質問してみたほうがいいと思います。

電話の応対で何か変な雰囲気を感じた場合は、
その業者はやめたほうがいいと思います。

そもそも悪徳業者の目的はお金を巻き上げることなので、
出金にまつわるトラブルが多いです。

日本の投資家が勘違いしている場合も

ですが、出金に関するトラブルには、日本人の投資家が勘違い
していてトラブルになっている場合もあります。

例えば、出金手数料がかかることを知らずに出金して、
実際の金額と受け取った金額が違う。

日本と海外の銀行とのやりとりの都合上、
出金まで時間がかかってしまう場合が
あるということを知らなかった。

海外の業者の中には、出金の度にその都度、身元確認を
するところもあります。それを知らずに、
自分のお金を出金するのに、身分証の提示を求められた。

ということでトラブルとなっている場合もあります。
この場合は、あらかじめ「利用規約」「よくある質問」
などを業者のホームページで確認しておく必要があります。

気持ちよくバイナリーオプションを始めるためにも、
自前調査を念入りにしたほうがいいと思います。