バイナリーオプションのリスクと危険性

background-1516231_1280-1024x682

バイナリーオプションを投資として考えるにあたり、
得られる利益の裏にはどのようなリスクと危険性が潜んでいるのでしょうか?

回避法とともに紹介していきます。

予測が外れれば0円に

バイナリーオプションは基本的に未来の値の予測が
「外れるか当たるか」の2つにしか分かれません。

1回の取引で1万円を投じたとすると、
それが当たれば何倍かになり外れれば0円になります。

この「外れれば0円」というところに
バイナリーオプションならではのリスクがあります。

例えば株に投資したとすると、その会社がいきなり倒産でもしなければ
投資額が0円になってしまうことはありません。

では、このリスクをどうすれば回避できるのでしょうか?

「外れれば0円」というデメリットは変えようがない代わりに、
「少額からでも好きな金額を投資できる」というメリットがあります。

1万円の投資をもし全財産1万円の人が行うと、
1回予測が外れただけで全財産を失うことになってしまいます。

そこで、それぞれの資金に見合った投資額を決めるのが
大切なリスク回避法といえます。

仮に1回の取引を1000円にすれば10回連続で予測を外さない限りは
1万円全てを失うことはありません。

投資においてまず重要なのは「攻め」ではなく「守り」です。

どれだけ資産を守れるかを中心にして投資額を決めましょう。

熱くなる性格の人は注意

予測を何度も外すと焦りが出るのは誰でも同じですが、
特に熱くなりやすい性格の人は要注意です。

投資において重要なのが
まず「守り」であることをつい忘れてしまうからです。

先ほどの例と同じく、
1万円を元手に1回1000円の取引をしている人がいるとします。

取引を5回連続で失敗すると資金は半分の5000円になってしまいます。

ここで「資金が半分になってしまった。取り返さなければ」と考える
熱くなりやすい人には大きなリスクと危険性が生じるのです。

「早く取り返したい」と焦ることから1回の取引金額を5倍にし、
残りの5000円全てを難しい値動きのときにも関わらず
一気に投じて…結局資金が0円に。

というようなケースがバイナリーオプションでは起こりやすいので、
「まだ5000円残っている。どのポイントで取引して利益を出そうか」と
いかに平静を保てるかにリスクを回避する秘訣があります。

バイナリーオプションはメンタルが非常に大切な投資といえますね。