バイナリーオプションにおける海外での信託保全は?

phone-1052023_1280-1024x768

バイナリーオプションを海外で実践する場合
信託保全はどうなっているんだろう?って思いますよね。

自分の大切な資産をきちんと保護してくれるのかな?
って不安になると思います。

信託保全って何?

「信託分別管理(しんたくぶんべつかんり)」と言って、
業者の資産と顧客の資産を分けて管理するために、
FXやバイナリーオプション業者が信託銀行に委託して
顧客の資産を信託銀行の口座で管理することを指します。

日本の証券会社の信託保全

ちなみに日本の証券会社では、法律で義務付けられているため、
通常は顧客資産と自社資産は分別して別々に管理しています。

ですので、詐欺行為が行われていない限り、
顧客の資産は投資信託などの現物の金融資産で保管されています。

さらに言うと、万が一証券会社で詐欺行為が行われていて、
顧客資産が証券会社の自社資産に流用されるようなことがあった場合でも、

日本には投資家保護基金(※)が設立されていて、
1人当たり1,000万円を限度に保護されています。

※投資家保護基金で保護されるのは、プロの投資家ではなく、
一般の個人投資家です。

※投資家保護基金で保護される資産は、
国内・海外の株式、債券、投資信託などで、
バイナリーオプション取引は保護の対象になりません。

バイナリーオプションの海外の業者の信託保全

バイナリーオプションの海外の業者とは、厳密にいうと、
日本の金融庁の許可を受けていない業者を指しています。

バイナリーオプションの海外の業者の破たんや信託保全について、
本やネットでの情報を調べてみましたが、

それぞれの国によって、日本と同様、法律などで
きちんと自社資産と顧客資産は分散管理されている国もあれば、
保護されていない国もあります。

海外のバイナリーオプション業者を選ぶときは、
信託保全をされている業者かどうかを見極めてから選び

さらに、バイナリーオプションの口座が
保護の対象になっているかどうかも重要です。

海外の業者を利用する場合は、自己責任ということになりますので、
なるべく出金をこまめにして、口座に大金を置いておかないなどの
リスク管理は徹底するようにして下さい。